旅行業登録、旅行業に関する手続でお悩みの方は、『よなは行政書士事務所』がサポートします。

旅行業登録、旅行業に関する手続に特化した行政書士事務所です。

よなは行政書士事務所

〒114-0011 東京都北区昭和町1-10-11 NSビル403

旅行業登録、旅行業に関する手続に特化した行政書士事務所です!

旅行業登録、旅行業に関する手続に特化した行政書士事務所

よなは行政書士事務所

〒114-0011
 東京都北区昭和町1-10-11 NSビル403

営業時間:10:00~22:00(土日祝も休まず営業中)

03-4405-6374

よなは行政書士事務所の旅行業ブログ。

2020.10.26

VOY42。『登録事項の変更と旅行業更新登録』

 

つい先日、旅行業更新登録の相談を受けた時の話です。

 

お客様の登録内容の状況をつぶさに確認してみると。。

 

ある事業者様の場合

「過去5年間の取引額報告書提出記録があやふや。。」

「登録事項に変更があるのに届出をしていない。。」

 

また他の事業者様の場合、

「本店住所を変更しているのに届け出をしていない。。

 となどといった事業者様。。

 

「取引額報告書」は毎年事業年度終了後、100日以内に提出する必要がありますし、

「旅行業者登録簿」に記載されている事項や旅行業務取扱管理者の選任に変更が生じれば、30日以内に届出る必要があります。

  

話は少しそれますが、更新登録の前に「登録事項の変更」や「取引額報告」の提出を怠っているとどうなるか?

東京都の場合、「取引額報告書」、[登録事項の変更に関する届出]が未届出の場合、更新登録は受理されません!

(東京都は受理しないとハッキリ言っています。)

 

受理されず、そのまま登録更新申請期限を過ぎてしまうと登録更新ができなくなり、登録期間が終われば登録抹消となってしまいます。

こうならないためにも、取引額報告書や登録事項の変更に未届けがある場合には速やかに提出する必要があります。

これらの点をすべて確実にクリアにすることが必要です。 

 

話はもとに戻り、届出るべき登録事項の内容について、主なものとして以下の通りです。

  • 事業者氏名(個人事業主の場合)
  • 事業者住所(個人事業主の場合)
  • 商号の変更(法人の場合)
  • 法人代表者(法人の場合)
  • 本店所在地(法人の場合)
  • 主たる営業所の名称
  • 主たる営業所の所在地
  • 旅行業務取扱管理者選任が変更
  • 電話番号またはFAX番号の変更
  • 供託金の差替

 

これらの変更があった場合には、変更の日から30日以内に変更のけ出を行う必要があります。

登録事項の変更の際には届出書の他に添付書類も必要です。

また東京都の場合、来庁した上で届け出を行う必要がある場合や、郵送でも来庁でもどちらでも良い場合とに分かれます。

 

注意するべき変更の届出としては、主たる営業所が変わった場合や旅行業務取扱管理者が変わった場合には、添付書類に注意する必要があるかもしれません。

また最後の供託金の差替についてですが、取扱額の増減によって供託する額が異なります。

(毎年提出するべき「取扱額報告書」で判断されることですが。)

たとえば取扱額増加による供託金増額の場合、供託手続きを行った後で届け出を行う必要があります。

 

今お伝えした供託手続など段取りを踏む必要のある届け出はありますが、届出自体は難しいことではないと思います。

(あまりに提出が遅れた場合には始末書を添付する必要がありますが。。)

なので、変更があった場合には登録事項にご注意いただき速やかに届出ることにご注意ください。

 

繰り返しになりますが登録事項変更の届出を怠ったままでは、更新登録申請はできません。

更新登録申請の際にはこれらの届出は当然行われているべきものであり、その上で更新時に多々ある注意すべきことに注力して準備を進めなければなりません。

ここで躓いている場合ではないのです。

できることは早めに処理をしておくことをおすすめします。 

 

当事務所では登録事項の手続についてサポートしております

併せて更新登録が間近に迫り、登録事項の変更や取引額報告書が見届けの旅行事業者様はご相談ください。

状況を把握させていただき、適切な各登録事項の届け出や取引額報告書の提出サポートをいたします。

とにかく、登録事項の変更について軽く考えず、きちんと届け出を行い、旅行業者としての責務を果たしてほしいです。

放置はダメですね。

 

03-4405-6374

受付時間:10:00~22:00
土日祝日も営業中!
メールは24時間受付中!

(できる限り12時間以内に返信)

 

 

 

当事務所が提供できるサービス

よなは行政書士事務所では旅行業に関する手続について下記の業務を取り扱っております。
下記に表記されていない手続についてもお気軽にお問い合わせ下さい。

『旅行業登録』手続代行サービス

『旅行業登録後』の手続代行サービス

『旅行業協会 入会等』手続代行サービス

お電話でのお問合せはこちらから。

03-4405-6374

受付時間:10:00~22:00
土日祝日も営業中!
お客様のお仕事のご都合や営業時間終了後など柔軟に対応いたします。
お気軽にお問い合わせください!

メールは24時間受付中!

当事務所は夜22時まで営業しております。
お客様のお仕事のご都合や、営業時間終了後に合わせて柔軟に対応いたします。

メールは24時間受付中です。
(できる限り12時間以内に返信)

旅行業手続 相談専用ダイヤル
HP見たとお伝え下さい!

03-4405-6374

プロフィール

長年旅行業界に従事。
一念発起し行政書士となる。
旅行事業者様、旅行業界の役に立ちたいとの思いから、旅行業手続専門の行政書士として日々研鑽中です!

03-4405-6374

〒114-0011
東京都北区昭和町1-10-11 NSビル403

JR尾久駅より徒歩5分

10:00~22:00
営業時間終了後または仕事帰りなど、上記以外の時間でも対応いたします。
お問い合わせ下さい!

メールでのお問合せは24時間受け付けております!

特にございません。
土日祝日も原則営業中です

弊所都合により平日でも休業日となる場合もございます。
その場合は事前に告知させていただきます。

お気軽にご相談ください!

対応エリア:1都3県
それ以外のエリアの方も対応可能です。ご相談下さい。

当事務所の対応エリア

東京都、神奈川県を中心に、千葉県・埼玉県のお客様もご対応可能です!!

お問い合わせはこちら

東京都対応エリア

新宿区・千代田区・中央区・文京区・渋谷区・目黒区・江東区・墨田区・江戸川区・葛飾区・足立区・北区・荒川区・板橋区・豊島区・練馬区・中野区・杉並区・世田谷区・港区・品川区・大田区・台東区・小平市・西東京市・武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・立川市・町田市・八王子市

お問い合わせはこちら

神奈川県対応エリア

横浜市中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区・鶴見区・金沢区・磯子区・青葉区・緑区・戸塚区・泉区・港北区・都筑区・栄区・港南区・旭区・瀬谷区・藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・川崎市・横須賀市・逗子市・三浦市・小田原市・平塚市・秦野市・厚木市・伊勢原市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・相模原市

お問い合わせはこちら

埼玉県対応エリア

さいたま市・上尾市・桶川市・北本市・蓮田市・久喜市・伊奈町・白岡市・幸手市・羽生市・行田市・加須市・鴻巣市・東松山市・深谷市・熊谷市・本庄市・志木市・朝霞市・和光市・新座市・ふじみ野市・所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・川口市・草加市・春日部市・越谷市・蕨市・戸田市

お問い合わせはこちら

千葉県対応エリア

千葉市 習志野市 八千代市 船橋市 四街道市 八街市  市原市 木更津市 袖ケ浦市 富津市 君津市 浦安市 市川市  野田市 印西市 成田市 白井市 佐倉市 冨里市 柏市 香取市 東金市 大網白里市 多古町 横芝光町 九十九里町 芝山町  白子町 茂原市 長生村 旭市 匝瑳市 長南町 山武市  長柄町 大多喜町 一宮町 睦沢町  勝浦市 南房総市 御宿町 鋸南町 いすみ市 館山市  酒々井町 流山市 栄町  神崎町 鴨川市 東庄町 鎌ケ谷市 銚子市 鎌ケ谷市 松戸市 我孫子市 

10:00~22:00まで受付

03-4405-6374